カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

次はGPZ750ターボの続きです。

降ろしたヘッドをバラす前に気密チェック。
ポート内に溶剤を浸して・・・
a0145207_9264650.jpg

EX側4気筒ともOK。
a0145207_9265492.jpg

IN側は4気筒とも気密不足で修正が必要・・・。
a0145207_927282.jpg

1箇所バルブがスルっと外れた所はステムシールが!?
a0145207_9272099.jpg

肝心なリップ部が無い。でも、破片は見当たらない・・・
a0145207_9274285.jpg

よくズルっちゃうカムホルダーの下穴ですが、今の所問題ないようでもすべて要対策で。
a0145207_1125624.jpg

修正して行きましょう・・・。
a0145207_9275781.jpg

まずは、頑固な汚れ落としから
a0145207_928475.jpg

続く・・・


http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-25 15:25 | Comments(0)

対策・・・

KZ1300の次は、KZ1000STとレアなバイクが続きます・・・

整備内容はエンジン始動不良です。
総合判断でスイッチが怪しい・・・
a0145207_10125276.jpg

腐食で接点不良でした。
a0145207_10113039.jpg

アクセルワイヤーも交換ですね。
a0145207_1012553.jpg

その場復活よりそれ相応のスイッチに変えて欲しいとの事ですので、L,Rスイッチともリプロ品(PMC製)で対応。こう言うパーツがあるので修理する側も非常に助かります。
でも車両上、ボルトオンてわけにも行かず、配線は組み直しになります。
a0145207_10114752.jpg

車両側の対策も必要・・・
a0145207_10115267.jpg

テスターをあてながらマッチングしていきますが、ON電源が低いようです・・・
作動には問題ありませんがライトが暗いなど不具合があれば対策を取りましょう。ちなみにバッテリー電圧は13V。
a0145207_10121966.jpg

結線終了。常時点灯式からポジション(テールも連動)、ヘッドライトの機能が出来るように処理。
a0145207_10124010.jpg

左も交換・・・
a0145207_1014075.jpg

ホーンアースはスイッチボディーでアース。ハンドルバーがアルマイトなので新たな線を引っ張り加工します・・
a0145207_10141774.jpg

アース線追加、車両側コネクターを介しフレーム側でアースします。
a0145207_10143141.jpg

要対策・・・
a0145207_10144397.jpg

左側マッチング終了。
a0145207_10145029.jpg

ハザード機能はなくなりましたが、パッッシング機能が追加。
a0145207_1015269.jpg


次へ入ります・・・
スターターリレーの入力電源・・・低い
a0145207_10153252.jpg

IGコイルへの入力電源・・・これも同じく低い
この二つは大事な部位なのでリレーを追加し安定したバッテリー電源供給に対策を取ります。
a0145207_10185179.jpg

年代モノのスターターリレーも同時交換。
a0145207_1015419.jpg


ドロップの原因が分かりました!
ダイナ3ユニットの作動線がつながった状態・・・9.95v
a0145207_10161845.jpg

ダイナ3作動線を外してみます・・・12.94v
相当、食うのか壊れているのか・・・。
a0145207_1016266.jpg

エンジン始動後、充電系統に負担がかかるのは想像出来ます。

今回は現状維持ですが、今後の課題ですね。


http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-24 10:10 | Comments(0)

軽井沢方面へ・・・

走りやすい季節ですので、昭栄ツーです。

AM7:30出発・・・
a0145207_630376.jpg

途中、高速隊の指導を受けお手本のような走りに(笑)
で、軽井沢到着。
実際の台数把握してません(苦笑) ・・・20数台かと。
写真入りきらないので2枚で・・・
a0145207_6304613.jpg
a0145207_6305327.jpg


横川SAでお昼です。
a0145207_6332991.jpg
a0145207_6333714.jpg
a0145207_6334419.jpg

PM3:00現地に無事帰還・・・。
a0145207_6362768.jpg

往路186マイル(297キロ)。
a0145207_634341.jpg

皆さんお疲れ様でした~。

http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-15 16:30 | Comments(0)
ツーリング前なので、壱号機のリアブレーキメンテ。

6~7年ノーメンテのスズキ系ニッシンキャリパーです。
ブレーキ鳴きが顕著になったのと、パット残も少ない・・・
a0145207_1901649.jpg

汚れているピストン廻りのダストは
a0145207_1902564.jpg

ブラシでゴシゴシ洗います・・・
a0145207_1903075.jpg

簡単に汚れが落ち、出現したのはカシマコートのアルミピストン!
アルミながらの軽さもありますが、表面スベスベなので何と言っても汚れ落ちの良さ、摺動性良・・・。
a0145207_1903526.jpg

パッドは新品(高品質、価格が魅力の台湾製)組み込み。
a0145207_190435.jpg

側は大してキレイなってないけど・・・(笑)
a0145207_190546.jpg

前回のツーリング前のフロントに続いて久々のリアメンテでした~(苦笑)
a0145207_1905982.jpg


http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-13 10:59 | Comments(0)

何か原因が・・・

GPZ750turboです。

排気ガスに異常なほど白煙(オイル燃焼)が出るとの依頼・・・
a0145207_18221690.jpg

ターボもハード仕様ですが、こちらは異常なし。
a0145207_18223345.jpg

EXマニ外せば何らかの情報が得られるはず・・・
1番がどうやら問題ありのよう・・・。
a0145207_18224150.jpg

オイルまみれ。
a0145207_18224711.jpg

ヘッドを降ろす準備を進めます・・・
a0145207_1823388.jpg

ヘッドボルトは、ほとんどトルクゼロ。エア-ラチェットのエアーだけで緩んでしまうほど・・・。
a0145207_1823115.jpg

それもあるのか、エンジン全週にあるオイル漏れ。
a0145207_18231665.jpg

何か答えが・・・
a0145207_18232624.jpg

!?ありました。
ヘッドガスケットシール部が真っ二つに割れオイル通路と筒抜けに・・・
大量の白煙が出る訳ですね。
a0145207_18233548.jpg

ヘッド廻りもチェックして行きましょう・・・
a0145207_18234232.jpg


http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-12 13:21 | Comments(0)

分解中・・・

K氏 ゼファー1100です。
こちらも進めています・・・

ポート内のバリ、シートリング付近の段付きなどを均します。
a0145207_1172361.jpg

道具の入らない所は・・・手。
a0145207_1165841.jpg

さすがに道具は便利。
a0145207_117439.jpg


次は腰下もバラして行きます。中古エンジンなので内部は要チェック。
a0145207_1175735.jpg

a0145207_118350.jpg

ど初期のトランスミッション・・・泣き所の2速(点検する限り不具合はみうけられませんが)は対策しますが・・・。2速のトラブルは要は乗り方次第なのです。
a0145207_118865.jpg

親メタル、子メタルそれぞれクリアランスを測定します。
a0145207_1182017.jpg

ケースもリフレッシュへ・・・
a0145207_1182714.jpg

続く・・・

http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-10 11:06 | Comments(0)

深み・・・

だんだんと深みにはまっていくような・・・Kz1300。

プラグキャップ端子欠損で、ケーブル交換へ・・・
コイルボディーには亀裂あり・・・
a0145207_7233750.jpg

年代モノときて怪しいので一次側の抵抗測定してみます・・・
2Ωと低いです。低すぎるとユニットに悪影響を及ぼす恐れアリ・・・あとこのコイル、ケーブルの直入れが困難なため交換します。
a0145207_6361950.jpg

カワサキ現行車のコンパクトなコイルを代用します。
a0145207_6362716.jpg

一次側3Ωと標準です。
a0145207_6374317.jpg

お疲れから
a0145207_6364593.jpg

生まれ変わります。
a0145207_636542.jpg

車体側マウントの位置加工が困難なので、コイル側を加工。
a0145207_637086.jpg


エンジンもかかり、しばらく様子を・・・あまり調子良くない。
しばらくして、スタートスイッチを押しても無反応。
スターターリレーを点検すると、信号電圧が6V。どこかでドロップ。
これでは作動出来ません。
a0145207_6382787.jpg

じゃ、スイッチあたりの不具合?
点検します。11V弱・・・ここからすでにドロップ傾向。
a0145207_6392259.jpg

じゃ、コイルのほうは・・・?
ここもドロップ電圧。作動はするでしょうが、元気な点火は望めないでしょう・・・。
最低でもバッテリー電圧はかからないとね。
a0145207_6393551.jpg

今回、原因探るの自信がないので、新たに大事なハーネスのみ引き直し(リレー制御)します。
a0145207_6402733.jpg

コイル側、良い火花復活でしょう。
a0145207_6411890.jpg

これなら、作動できます。
a0145207_6405280.jpg

なんか、水も漏れてきた・・・(苦笑)


http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-09 14:29 | Comments(0)

企み終了~

フロントに移ります・・・
a0145207_7542431.jpg

流用ならではでサポートなどは介さずアルミピストン仕様ニッシンキャリパーとホースを見直し・・・
あと、リムテープを剥がして、
a0145207_7543351.jpg

Before
a0145207_7544097.jpg

After 
a0145207_7544855.jpg

リア企画終了~。

でも、次なる企みが・・・

http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-08 09:54 | Comments(0)

パープロ 調整・・・

サグ調整で、ハードレートスプリングを10㎜以上締め込みます・・・
a0145207_7163737.jpg

ちなみに体重74㎏のボクが乗ったんじゃ、ストロークしません(笑)

http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-06 11:16 | Comments(0)

ここまでしないと・・・

異音のため、ウォーターポンプ交換の修理に入ります・・・

外された部品の数々。
a0145207_632068.jpg

エンジン降ろしての作業・・・。
a0145207_6321146.jpg

ここまでしないと、交換出来ませ~ん。裏ワザはありませんでした(笑)
ここまでしないと外れないポンプは強化仕様なのか?と思いきや、どう見ても通常のポンプです!
a0145207_6321858.jpg

距離も距離だし、怪しい(予防整備として)部分の同時交換を勧めたら・・・お客様快くOK。
プーリー類、オルタネーターも交換となります。
a0145207_6322494.jpg

50エスティマ 2GR/3.5Lエンジンでした!、同じエンジン搭載20アルファードはもっと大変らしい・・・

ある意味高級車。

http://shoei-auto.com/
by mitohi38 | 2014-09-03 13:31 | Comments(2)